北朝鮮「アメリカとの接触 考えていない」外相が談話

アメリカ政府が北朝鮮との対話を通じて核・ミサイル開発などの問題の解決を目指す方針を示す中、北朝鮮の外相は「アメリカとの接触は考えていない」とする談話を発表しました。

アメリカ国務省のプライス報道官は22日、「北朝鮮がわれわれの呼びかけに前向きに応じてくれることを望み続ける」と述べ、北朝鮮との対話を通じて核・ミサイル開発などの問題の解決を目指す方針を示しました。

これに対し、北朝鮮のリ・ソングォン外相は23日夜、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、「アメリカとのいかなる無意味な接触や、その可能性についても考えていない」として、対話に応じる考えがないと強調しました。

これに先立って、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹のキム・ヨジョン(金与正)氏は、22日、「アメリカは誤った期待をしている」とする談話を発表しています。

アメリカとの関係をめぐっては、先週、キム総書記が「対話にも対決にも準備しなければならない」と述べていて、これ以降、アメリカと北朝鮮との間で双方の出方をうかがう駆け引きが続いています。