“五輪 午後9時以降は無観客を”千葉 熊谷知事・埼玉 大野知事

千葉県の熊谷知事は東京オリンピックで午後9時以降まで行われる競技について、大会組織委員会に対し、無観客で開催するよう要請したことを明らかにしました。

これは熊谷知事が23日朝、政府や組織委員会と関係自治体とのオンラインでの協議会のあと、記者団の取材に応じたものです。

千葉市の幕張メッセではフェンシングやテコンドーなどの一部の試合が、午後10時台まで行われる予定ですが、県は「まん延防止等重点措置」を踏まえ、イベントの開催を午後9時までとするよう求めています。

熊谷知事は「劇的な感染状況の改善がないかぎり、イベントは午後9時までと制限せざるをえない。これまで、ほかのさまざまなイベントに対して同じ要請をしてきたので、組織委員会にもそうした考えに基づいた対応をお願いする」と述べ、午後9時以降に行われる競技については、無観客で開催するよう求めたことを明らかにしました。

また、組織委員会などが「学校連携観戦チケット」で観戦する児童・生徒などを観客の上限とは「別枠」での取り扱いに決めたことについては「われわれとしては認められない」と述べ、今後、協議していく考えを示しました。

さらに競技を観戦するため、都県をまたぐ移動が生じることについては、これまで特に東京都が移動を自粛するよう強く求めてきた経緯があるとして、これまでの方針に基づいて慎重に検討してほしいと伝えたということです。

埼玉 大野知事も午後9時以降は無観客要望

政府や組織委員会、それに競技会場がある自治体などによるオンラインの会議のあと、埼玉県の大野知事は記者団の取材に応じ、午後9時以降に開催される競技については、無観客とするよう改めて要望したことを明らかにしました。

大野知事は「まん延防止等重点措置が解除されたあとも、これまでのケースを見ると、午後9時や10時以降の外出自粛をお願いしているため、午後9時以降の競技については無観客をお願いしたいと要望した。おととしのラグビーワールドカップでも夜、外でお酒を飲んで騒ぐ人がいたので、無観客とならない場合は組織委員会で対策を考えてほしい」と述べました。

これに対し組織委員会の橋本会長や丸川担当大臣からは「要望については今後、協議していきたい」と回答があったということです。

埼玉県内では「さいたまスーパーアリーナ」で行われるバスケットボールや、埼玉スタジアムで行われるサッカーの一部の試合が、午後9時以降に行われる予定です。

神奈川 黒岩知事「夜間競技に観客は県民の納得必要」

神奈川県の黒岩知事は、東京オリンピックで午後9時以降に開催される競技について、観客を入れる場合は、県民の理解を得られるよう、大会組織委員会などがメッセージを出すべきだという考えを示しました。

神奈川県内では、東京オリンピックでサッカーや野球、それにソフトボールで午後9時以降も競技が行われる予定です。

これについて黒岩知事は、23日に行われた大会組織委員会と、関係する自治体などとのオンラインでの協議会のあと記者団の取材に応じ「開催自治体として安全安心な大会を実現するのが責務だ。夜の試合に観客を入れるのであれば、県民の理解を得るため、納得のいくメッセージを出す必要があると申し入れた」と述べました。

また、会場での酒類の提供が見送られ、飲酒が禁止されたことについては「オリンピックの会場だけが特別扱いされることは、納得が得られないので、適切な判断だったと思う」と話していました。

加藤官房長官「組織委が知事と調整」

加藤官房長官は、午後の記者会見で「イベントに関わる時間短縮の要請は、まん延防止等重点措置や、重点措置からの経過措置の期間の場合、都道府県知事が判断することになっている。大会の運営主体である組織委員会で、知事と意見の調整を図っていくものと承知している」と述べました。