静岡 川根本町で土砂崩れ 寸又峡温泉の宿泊客や住民71人が孤立

静岡県によりますと、22日夜に川根本町で土砂崩れが起きて県道がふさがれ、近くの温泉の宿泊客や住民など71人が孤立している状況だということです。けが人や体調を崩した人はいないということで、県が、23日朝から土砂の撤去を進めています。

静岡県によりますと、22日午後6時半ごろ、川根本町奥泉の県道で道路の、のり面がおよそ20メートルにわたって崩れ、土砂が道路をふさいだということです。

この影響で、寸又峡温泉の宿泊客23人と地元の住民など48人の合わせて71人が孤立している状況だということです。

けが人や体調を崩した人はおらず、電話や電気、ガス、水道は通じているということで、県が23日朝から土砂の撤去を進めています。

崩れた土砂の撤去は23日中に終わる見込みで、県はヘリコプターやドローンで、のり面を調査し、土砂崩れの原因を調べるとともに、再び崩れないか状況を調べたうえで、道路が通れるか判断するとしています。