台風5号が発生 来週にかけて本州に近づく可能性も

23日午前9時、日本のはるか南のマリアナ諸島付近の海上で台風5号が発生しました。今後、北上する見込みで、最新の情報に注意してください。

気象庁の観測によりますと、23日午前9時、日本のはるか南のマリアナ諸島付近の海上で熱帯低気圧が台風5号に変わりました。

中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の半径165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はゆっくりした速さで北西へ進んでいて、今後も北上を続け、来週にかけて小笠原諸島や伊豆諸島、それに本州に近づく可能性もあります。

ただ、まだ進路の予報には幅があるため最新の情報に注意してください。