沖縄戦から76年「慰霊の日」感染対策で追悼行事は中止や縮小

23日は太平洋戦争末期、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から76年の「慰霊の日」です。新型コロナウイルスの感染対策で追悼行事が中止や縮小を余儀なくされる中、糸満市の平和祈念公園では朝早くから祈りをささげる人たちの姿が見られます。

昭和20年の沖縄戦では住民を巻き込んだ激しい地上戦で20万人を超える人が亡くなり、県民の4人に1人が命を落としました。

沖縄県は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」としています。

最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では朝早くから戦没者の名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」の前で祈りをささげる人の姿が見られました。

平和祈念公園では正午前から戦没者追悼式が行われます。

ことしは緊急事態宣言が出ていることから新型コロナウイルスの感染対策のため参列者を30人ほどにとどめるなど、去年からさらに規模が縮小されます。

県内では各地で慰霊祭が相次いで中止になったほか、休校で平和学習を行うことができなくなるなどこれまでに増して戦争体験の継承が難しい状況となっています。

アメリカ軍基地埋め立て工事で揺れたこの1年

一方、沖縄ではこの1年、名護市辺野古沖で進むアメリカ軍基地の埋め立て工事に使う土砂の調達先をめぐる問題が大きな議論を呼びました。

今も多くの戦没者の遺骨が眠るとみられる沖縄本島南部の土砂の使用を国が検討していることに対し、県内の市町村では遺骨を含む可能性のある土砂を使わないよう求める意見書が相次いで可決されました。

76年前の凄惨(せいさん)な地上戦の爪痕や記憶と今なお向き合う沖縄は「慰霊の日」の23日、平和を願う静かな祈りに包まれます。

「慰霊の日」平和の礎前で朝から祈り

「平和の礎」は戦後50年の平成7年に沖縄戦の最後の激戦地、糸満市摩文仁に建設されました。

国籍を問わず、民間人と軍人も区別せず、沖縄戦などで亡くなった24万1632人の名前が刻まれています。

ことしは新たに申告があった沖縄県出身の38人と県外出身の3人の合わせて41人の名前が追加されました。

沖縄戦で父を亡くした女性は

沖縄戦で父親を亡くした沖縄市の76歳の女性は「当時、母のおなかの中にいて父の顔も知りませんが、毎年ここに来て私が娘であることを知らせています。戦後、父親がいる人たちがとてもうらやましく父を奪った戦争は憎いです。この南部で亡くなったということしか分からず遺骨もありませんが、この日だけはいろいろ人なたちに多くの犠牲者が出たこの南部に向かって平和を祈ってほしい」と話していました。

祖父母を亡くした男性は

八重瀬町の65歳の男性は渡名喜村に住んでいた祖母と叔父を沖縄戦で亡くしました。

祖母は、ごうの外で食事の準備をしていた時に背負っていた叔父とともにアメリカ軍の機銃掃射を受けたということです。

男性は「祖母の顔も知りませんが、父を産んでくれたから私がいるので感謝を伝えるために毎年来ています。私は戦後の生まれで戦争を知りませんが、自分が生まれるわずか10年前に沖縄で悲惨なことがあったのだと思いを巡らせながら平和を祈っています」と話していました。

親族が「集団自決」した八重瀬町の上間寿子さん

沖縄県八重瀬町に住む上間寿子さん(62)は、アメリカ軍が上陸し日米間の戦闘やいわゆる「集団自決」などでおよそ1200人が亡くなった座間味村の出身です。

平和の礎に刻まれた祖父母など親族合わせて8人の名前の前で夫や妹とともに祈りをささげました。

上間さんは「悲劇を語る人が少ないので文献などで親族の集団自決を知りました。その時の苦しみを思うとことばがありません。すばらしいはずの人間を無残な行動に駆り立てる戦争を二度と起こしてはいけないと、未来に語り継いでいきたい」と声を詰まらせながら話していました。

軍に徴用された叔父を亡くした砂川いづみさん

沖縄県宜野湾市の砂川いづみさん(54)は沖縄戦で船の乗組員として軍に徴用された叔父を亡くしました。

砂川さんは「去年はコロナの影響で来られませんでしたが、ことしは母を自宅に残し姉と2人で来ました。叔父には『心安らかに眠ってください。戦争を二度と起こさず平和に暮らしていきます』と伝えました」と話していました。

また、姉の厚子さん(56)は「戦争で亡くなった人たちを忘れてはならないと思います」と話していました。

戦闘で父を亡くした那覇市の金城敬子さん

昭和20年5月、日米両軍の激しい戦闘によって今の浦添市で父親を亡くしたという那覇市の金城敬子さん(75)は「母のおなかの中にいたので父のことは知りませんが、毎年ここに来ているのでコロナ禍であっても来ました。父には沖縄のアメリカ軍基地のことなど懸念がある今の状況を報告しました。教師をしていたので戦争が命も心も奪うことを話してきました。若い人たちには平和の大切さを考えてほしい」と話していました。

9歳で沖縄戦を経験した男性は

沖縄戦で叔父と曽祖母を亡くした沖縄県南城市の85歳の男性は「沖縄戦の時は9歳で家族で沖縄本島南部のごうに避難していましたが、日本軍に追い出され命からがら北部に歩いて逃げました。最近は戦時中のように個人の自由が奪われつつあるように感じます。一人ひとりが自由に意見を言える社会、そして平和を強く望んでいます」と話していました。

糸満 「魂魄の塔」でも祈り

沖縄戦最後の激戦地となった糸満市にある「魂魄(こんぱく)の塔」は昭和21年、近くに収容された住民が身元が分からないまま放置されていたおよそ3万5000人の遺骨を集めて建てた慰霊塔です。

「魂魄の塔」には朝から遺族などが訪れ祈りをささげています。

今も姉の遺骨見つからない平川正三さん

姉を失い、遺骨が今も見つかっていない那覇市の平川正三さん(87)は娘の我那覇留美子さん(61)と訪れ、手を合わせていました。

我那覇さんは「父はこの時期になるとどうしてもいろいろ思い出すみたいで、きょうは雨が降っていますが『それでも行く』と言うので一緒についてきました」と話していました。

また、名護市辺野古沖のアメリカ軍基地の埋め立て工事について、沖縄本島南部の土砂の使用を国が検討していることに対し「土砂には亡くなった人の血も染み込んでいると思いますし、複雑でやるせない気持ちになります」と話していました。