エンジェルス大谷 リーグの「週間MVP」に 3シーズンぶり3回目

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がアメリカンリーグの週間最優秀選手、「週間MVP」に選ばれました。
大谷選手の受賞は3シーズンぶり3回目です。

大リーグでは、1週間で最も活躍した選手を「週間MVP」として両リーグそれぞれ1人ずつ表彰していて、大谷選手はアメリカンリーグで今月14日から20日までの週間MVPに選ばれました。

この期間、大谷選手は7試合に出場し、打率2割9分6厘、ホームラン6本、9打点をあげました。

さらに、ピッチャーとしても1試合に先発登板し、6回を投げて1失点、5つの三振を奪って今シーズン3勝目をあげるなど、投打の二刀流で活躍しました。

大谷選手が週間MVPに選ばれるのは、大リーグ1年目の2018年の9月以来3シーズンぶりで通算では3回目となります。

また、来月行われるオールスターゲームのファン投票では2回目の中間結果が21日に発表され、大谷選手はアメリカンリーグの指名打者部門で最多の117万4069票を集めてトップを守りました。

2位はレッドソックスのJ.D.マルティネス選手で53万660票を集めていますが、大谷選手との差は2倍以上、票数にして64万票余りに広がりました。

今後は、27日にそれぞれのポジションの上位3人が発表された後、28日からは最終投票が行われ、来月1日に結果が発表されます。

大谷選手の初めての出場が期待される大リーグのオールスターゲームは、来月13日にコロラド州デンバーで行われ、前日の12日には大谷選手の出場が決まっているホームラン競争も行われます。

大リーグの「週間MVP」とは

大リーグの週間MVPは投手と野手の区別なく、アメリカンリーグとナショナルリーグでそれぞれ1人ずつが選ばれます。

1970年に始まり、初代の受賞者はアメリカンリーグが通算563ホームランのレジー・ジャクソンさん、ナショナルリーグが通算755ホームランのハンク・アーロンさんと、ともにアメリカの野球殿堂入りを果たした名選手でした。

日本選手は、これまで大谷選手を含めて7人が受賞しています。

日本選手で初めて受賞したのは野茂英雄さんで、大リーグ1年目だったドジャース時代の1995年6月に受賞しました。

その後、2001年にマリナーズで活躍した佐々木主浩さん、2003年にはヤンキースで1年目だった松井秀喜さん、2004年にマリナーズ時代のイチローさん、2007年にレッドソックスで1年目だった松坂大輔選手、2015年にマリナーズの岩隈久志さん、2018年に大谷選手と続いています。

受賞の回数ではイチローさんが5回と最も多く、野茂さんと松井さんが4回となっています。

大谷選手は大リーグ1年目の4月と9月に受賞していて、今回が3回目です。

ベーブ・ルース以来100年ぶりの記録

1週間にホームラン6本を打ち、勝ち投手にもなった大谷選手ですが、この記録を達成したのは1921年のベーブ・ルース以来、大リーグでは100年ぶりです。

当時ヤンキースに所属していたベーブ・ルースは、1921年6月10日から14日にかけての5試合でホームラン7本を打ち、13日の試合で勝ち投手になりました。

ルースはこの試合、ピッチャーとしては5回を投げてヒット5本、フォアボール7つを与えて4失点でしたが、バッターではホームラン2本を含む3打数2安打3打点と活躍し、勝ち投手になっています。

ルースはこのシーズン、ピッチャーとして登板したのはこの試合を含めて2試合ですでにバッターに重点を置いてプレーしていましたが、シーズンでは打率3割7分8厘、ホームラン59本、171打点と圧倒的な成績を残しホームランと打点でアメリカンリーグの2冠に輝きました。

大谷「今週も選ばれるように頑張りたい」

週間MVPについて大谷選手は球団を通じてコメントを発表し「とても光栄です。今週も選ばれるように頑張りたいと思います」と述べました。