「袴田事件」再審協議 弁護側 独自実験報告書を東京高裁に提出

いわゆる「袴田事件」で死刑が確定した袴田巌さんが求めている再審=裁判のやり直しの協議で、弁護側は独自に行った実験の報告書を東京高裁に提出し、1年余り衣類がみそに漬かると血痕の赤みが残ることは考えられず、証拠がねつ造されたと改めて主張しました。

袴田巌さん(85)は、昭和41年に今の静岡市清水区で一家4人が殺害された事件で死刑が確定しましたが、無実を訴えて再審を申し立てています。

東京高裁で行われている審理では、事件の1年余りあとにみそタンクから見つかった、犯人のものとされる衣類に付いた血痕の色について、みそに漬け込まれても赤みが残る可能性があるのかが争われています。

21日、裁判所と弁護側、それに検察側の3者で非公開の協議が行われ、弁護側は、血液をつけた布をみそに漬け込んだ実験の報告書を提出しました。

報告書では「実験の結果、色の薄い白みそに漬けても、4週間たてば血痕は黒くなる。1年余り経過すれば赤みが残ることは考えられない」としていて、弁護側は、証拠がねつ造されたと主張しています。

弁護団によりますと、検察は7月中に反論の意見書を提出するとし、裁判長は「袴田さんが高齢であることは十分理解しているので、できるだけ早く進めたい」と述べたということです。