“開始40年超”美浜原発再稼働に反対 住民が仮処分申し立て

福井県にある美浜原子力発電所3号機が、23日、全国の原発で初めて運転開始から40年を超えて再稼働するのを前に、反対する福井県の住民などが設備の経年劣化によって想定外のトラブルが起きる危険があると主張して、運転しないよう求める仮処分を大阪地方裁判所に申し立てました。

運転開始から40年を超えた関西電力 美浜原発3号機は23日に10年ぶりに再稼働する予定で、福島第一原発の事故後、40年を超える原発が運転されるのは全国で初めてとなります。

この再稼働に反対する福井県若狭町に住む男性など9人が21日に、設備の経年劣化によって想定外のトラブルが多発する危険があると主張して、運転しないよう求める仮処分を大阪地方裁判所に申し立てました。

申し立てでは、国の原子力規制委員会が審査で最長60年まで運転延長できると認めたことについて、原発という巨大施設の設備や備品のすべてが安全かどうか検査するのは不可能だと主張しています。

会見を開いた住民側の代理人の河合弘之弁護士は「老朽化した原発が漫然と次々に運転延長されないようにするためにも、今回の再稼働を見過ごすことはできない」と話しました。

一方、関西電力は「申立書が届いていないためコメントは差し控える」としています。