11月発行の新500円硬貨 製造開始 複雑な構造で偽造しにくく

偽造を防ぐために素材などを変えた、新しい500円硬貨の製造が21日から始まり、さいたま市にある造幣局の支局で打ち初め式が行われました。

製造が始まったのは、ことし11月から発行する新しい500円硬貨です。

打ち初め式に出席した麻生副総理兼財務大臣などが手元のボタンを押すと工場の機械が動き出し、硬貨の製造が始まりました。

新しい500円硬貨は、大きさや基本的なデザインは今の硬貨と同じですが、3種類の金属を使い、組み合わせる形にしたほか、これまでは等間隔に刻まれていた側面の溝は一部だけ幅や形を変えるなど、より複雑な構造にして偽造をしにくくしています。

新しい500円硬貨は、ことし9月ごろまでに発行する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で銀行のATMなどの改修作業が遅れ、11月に延期されました。

打ち初め式に出席した麻生大臣は、記者団に対し「『通貨は信頼』なので偽造されない、安心感を持てることが極めて重要だ。慣れ親しんでもらえればいちばんかと思う」と話していました。

警察庁のまとめによりますと、500円硬貨の偽造は減少傾向にありますが、去年も全国で188枚が見つかったということです。

財務省によりますと、2000年に発行が始まった今の500円硬貨はおよそ50億枚流通していて、新しい硬貨が発行されてからも引き続き使用できます。

新500円硬貨の特徴は

新しい500円硬貨は、今の500円硬貨と大きさや基本的なデザインは変わりませんが、偽造防止のために、世界的にみても最先端の技術を取り入れているということです。

1. 等間隔でない側面の溝

今の500円硬貨は、側面に斜めの溝が等間隔で刻まれています。

これに対し、新しい500円硬貨は、溝の一部の幅や形を変えています。

造幣局によりますと、このように側面に刻まれた溝の一部だけを変えた硬貨は世界で初めてだということです。

2. 「2色3層構造」

また、3種類の金属素材を使った「2色3層構造」を取り入れました。

銅でできた円形の板を2枚の白銅の板で挟み込んだ銀色の板を中心部に、その周囲をニッケルでできた金色のリングで囲った構造になっています。

この「2色3層構造」は記念貨幣を除くと日本の硬貨では初めてで、世界でもユーロの硬貨だけだということです。

3. 微細な文字

硬貨の縁の盛り上がった部分の内側には、新たに「500YEN」と「JAPAN」という微細な文字が2か所ずつ刻まれています。

4. 「500」の数字の中に

さらに、硬貨の裏面に書かれた「500」という数字の中には、硬貨を傾けると、数字とローマ字で「500YEN」と「JAPAN」という文字が現れます。

今の500円も傾けると数字と漢字で「500円」という文字が現れますが、より鮮明に見えるように特殊な加工を施しています。

500円硬貨は、500円紙幣に代わって1982年に初めて発行され、今回の新しい500円硬貨は21年ぶりの変更となります。

造幣局の谷口靖貨幣部長は「1秒間に10枚以上の速さですべての加工を行うのは非常に難しい技術だ。これまでの研究結果をもとに、偽造に対する抵抗力を高め、国民の皆さんが手にとったときに新しい技術が入ったと一目で分かるような硬貨を開発した」と話していました。