日米韓の北朝鮮担当高官が協議 米高官 対話の可能性にも言及

日米韓の北朝鮮担当の高官が21日、韓国で協議し、アメリカのソン・キム特別代表は、北朝鮮がアメリカとの対話の可能性にも言及する中「条件なしにいつでもどこでも会うことができる」と述べました。

午前11時ごろから正午ごろまでソウルにあるホテルで行われた協議には、日本から船越アジア大洋州局長、アメリカから北朝鮮問題を担当するソン・キム特別代表、そして韓国からはノ・ギュドク(魯圭悳)朝鮮半島平和交渉本部長が出席しました。

アメリカのバイデン政権が外交を通じた北朝鮮の非核化を目指す方針を掲げる中、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記は今月17日「対話にも対決にも準備しなければならない」と述べ、バイデン政権発足後初めて、対話の可能性にも言及しました。

協議の冒頭、ソン・キム特別代表は「北朝鮮の前向きな反応を期待している。条件なしにいつでもどこでも会うことができる」と述べました。

また船越局長は「3か国の協力は地域の安全と安定に極めて重要だ」と述べ、北朝鮮の非核化に向けて3か国で緊密に連携して対応する考えを強調しました。

一方、韓国外務省によりますと、日韓両国の懸案について意見を交わすため、船越局長とイ・サンリョル(李相烈)アジア太平洋局長の協議も行われる予定です。

米 ソン特別代表「対話と対決の両方の準備している」

日米韓3か国の協議に先立ち、アメリカのソン・キム特別代表は、韓国のノ・ギュドク朝鮮半島平和交渉本部長と個別に意見を交わしました。

その冒頭、キム特別代表は「北朝鮮のキム・ジョンウン総書記が対話と対決の両方に言及したことに注目している。私たちもその両方の準備をしている」と述べました。

そのうえで「会談の提案について、ピョンヤンの回答を待っているところだ。キム総書記が対話に言及したので、近く前向きな反応があることを期待している」と述べ、対話の再開への期待を示しました。

中国と北朝鮮駐在の両国大使が新聞に談話寄稿 友好関係強調

日米韓3か国の高官協議が行われた21日、中国と北朝鮮に駐在する両国の大使が21日付けの新聞にそろって談話を寄稿し、友好関係を強調しました。

北京に駐在する北朝鮮のリ・リョンナム大使は中国共産党の機関紙「人民日報」に「両国が緊密に団結し、戦略的な協力関係を絶えず強化し、発展させていけば、敵対勢力の悪辣(あくらつ)な挑戦を粉砕し、陰謀を阻止できる」という談話を寄稿しました。

また、ピョンヤンに駐在する中国の李進軍大使も、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」に「地域の長期的な安定を実現するための問題をともに話し合い、平和と安定に積極的に貢献する」という談話を寄稿し、中朝両国の友好関係をそろって強調しました。

加藤官房長官「緊密に連携」

加藤官房長官は午後の記者会見で「北朝鮮の非核化の実現に向けて日米、日米韓で緊密に連携し、国際社会とも協力しながら国連安保理決議の完全な履行を進める必要がある。また、拉致問題の解決に向けてわが国の主体的な取り組みに加え、アメリカや韓国をはじめとする関係国とも緊密に連携することが重要だ。引き続き北朝鮮の諸懸案の解決に向けて、アメリカの北朝鮮政策の見直しの結果も踏まえつつ、具体的に進めるべく日米韓で緊密に連携していきたい」と述べました。