米高官「明確なシグナル待つ」北朝鮮の対応注視の考え

アメリカのホワイトハウス高官は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記がアメリカとの対話の可能性に言及したことについて「興味深いシグナルだ。対話の用意があるかどうか、より明確なシグナルを待っている」と述べ、対話の再開に向け、北朝鮮の対応を注視する考えを示しました。

ホワイトハウスで安全保障政策を担当するサリバン大統領補佐官は、北朝鮮のキム・ジョンウン総書記がアメリカとの関係について「対話にも対決にも準備しなければならない」と述べ、対話の可能性に言及したことについて、20日、ABCテレビのインタビューで「興味深いシグナルだ」と述べました。

そのうえで、サリバン補佐官は「北朝鮮が対話のテーブルに着く用意があるかどうか、より明確なシグナルを待っている」と述べ、対話の再開に向け、北朝鮮の対応を注視する考えを示しました。

一方、イラン核合意の立て直しに向けた協議については、イランとの間で、制裁を含む重要な問題で依然、認識に違いがあると指摘しました。

そのうえで「合意に戻るかどうかは、最終的にはイランの最高指導者しだいだ」と述べて、協議が進展するかどうかは、大統領選挙で当選したライシ師ではなく、最高指導者のハメネイ師の最終的な決定しだいだという認識を示しました。