JR山手線 始発から通常通りの運転

20日、JR東日本の変電所で電気系統のトラブルがあった影響で、山手線は1割程度本数を減らして運転する見通しでしたが、復旧作業を終えたとして始発から通常通り運転しています。

20日午後、東京 渋谷区にあるJR東日本の変電所で電気系統のトラブルがあり、山手線や埼京線など、首都圏の6つの路線が最大で4時間20分にわたって運転を見合わせました。

この影響でJR東日本は21日の山手線の運転について、当初、始発から1割程度本数を減らす見通しだとしていましたが、復旧作業を終えたとして始発から通常通り運転しています。

一方、JR東日本によりますと変電所の外にあるケーブルに損傷が見つかったということで、引き続き詳しい原因を調べています。