ラベンダー2万株が見頃 白のオリジナル品種も 秋田 美郷町

秋田県美郷町でおよそ2万株のラベンダーが見頃を迎え、紫に加え珍しい白の花々が訪れた人たちを楽しませています。

秋田県美郷町千屋にあるラベンダー園では、2ヘクタールほどの畑に7種類およそ2万株の花が見頃を迎えています。

このうち町のオリジナル品種として登録されている「美郷雪華」は突然変異によってできた花が白のラベンダーです。

紫のラベンダーに囲まれながらひときわ目を引いています。

このラベンダー園では去年の夏に雨が多かったことで根が腐る被害が発生し、この1年で半数近くの植え替えを余儀なくされましたが、植え替えた株も小さな花を咲かせています。

訪れた人たちはラベンダーを写真で撮ったり甘い香りを楽しんだりしていました。

秋田県大仙市から祖母とともに訪れた9歳の女の子は「いい写真が撮れました。白と紫色のラベンダーがきれいでどちらも好きです」と話していました。

ラベンダーは来月4日ごろまで楽しむことができ、美郷町は訪れる際はマスクを着用するなど感染対策を取るよう呼びかけています。