マイナンバーカード 5月の申請数 前月から300万件以上の大幅減

マイナンバーカードの5月の申請数は、ポイント還元制度関連の申請が締め切られた4月から300万件以上減って60万件となり、今後、どのような普及促進策を打ち出せるかが課題となります。

マイナンバーカードの申請数は、去年は1か月に100万件前後で推移していましたが、ことしに入って、ポイント還元制度「マイナポイント」などによって急増し、3月に686万件と過去最多になったほか、4月も384万件となっていました。

しかし、4月末で「マイナポイント」を利用するためのカードの申請が締め切られた結果、5月の申請数は4月から300万件以上減って、60万件にまで落ち込んだということです。

政府は、来年度末までに、ほぼすべての国民にカードが行き渡るようにするという目標を掲げていますが、これまでの申請数はおよそ5000万件にとどまっていて、目標達成には、今後、月に300万件以上の申請が必要となります。

政府は、10月までにマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになることなどをPRすることにしていますが、「さらなる普及促進策が必要だ」と指摘する声もあり、今後、どのような具体策を打ち出せるかが課題となります。