立てこもり事件 マスターキーで個室開かず 鍵などに細工か

さいたま市のインターネットカフェで起きた人質立てこもり事件で、異変に気付いた別の従業員がマスターキーで個室の扉を開けようとしたものの開かなかったことがわかりました。警察は18日夜に逮捕された男が鍵などに何らかの細工をしていたとみて詳しい状況を調べています。

さいたま市大宮区にあるインターネットカフェで、17日から32時間にわたって20代の女性従業員を人質に取って立てこもっていた事件で、警察は18日夜10時40分ごろ、個室ブースに突入し、住所不定・無職の林一貴容疑者(40)を監禁の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

また、女性に目立ったけがはないということです。
これまでの調べによりますと、林容疑者は個室ブースに女性従業員を呼び出したあと、内側から鍵をかけて立てこもりましたが、異変に気付いた別の従業員がマスターキーを使って扉を開けようとしたものの開かなかったということです。

18日夜は、捜査員が特殊工具を使って鍵を壊して中に入ったということで、警察は鍵などに何らかの細工をしていたとみて詳しい状況を調べています。