本物でなくても約4億円 「モナリザ」複製画高値落札 フランス

ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダビンチの代表作「モナリザ」の複製画が、フランスで行われたオークションで、日本円にしておよそ3億8000万円という高値で落札されました。

当初の落札予想額は約4000万円

この作品は、レオナルド・ダビンチの代表作「モナリザ」が制作されてからおよそ100年後の17世紀の初めごろに描かれたとされる複製画で、作者は分かっていません。

一見するとフランスのルーブル美術館にある「モナリザ」によく似ていますが、本物は木製のパネルに描かれているのに対し、こちらの作品はカンバスが使われているほか、本物では、背景に描かれている柱もありません。

18日、パリでオークション会社が行ったオンラインのオークションでは、日本円で高くても4000万円ほどと予想されていた落札価格を大きく上回り、290万ユーロ、日本円でおよそ3億8000万円で落札されました。
ロイター通信などによりますと、この複製画は、1950年代にフランス人の収集家、レイモンド・ヘッキング氏が骨とう店で購入したものですが、メディアを集めた展示会などを通じて本物だと主張し続け「ヘッキングのモナリザ」として大きな話題になりました。

オークション会社のピエール・エティエンヌさんは、「世界中の専門家が本物ではないとしている」と説明しつつ、複製画としては記録的な高値で落札されたとしています。