シートベルトの耐久性など長年 数値を改ざん タカタ後継会社

エアバッグの大規模リコールで経営破綻したタカタの事業を引き継いだ会社が、長年にわたってシートベルトの品質に関する数値を改ざんしていたことを明らかにしました。会社は、製品を再検査し、使い続けても安全面に問題はないとしています。

タカタの事業を引き継いだジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパンは、去年、シートベルトの耐久性などの品質に関する数値を書き換えていた可能性が指摘され、弁護士を交えて社内調査を進めてきました。

18日に、その結果を公表し、数値の不正な書き換えは滋賀県の工場とフィリピンの事業所で1000件確認され、このうち124件は国内の法律で定められた安全基準を満たしていないのに適合したかのように改ざんしていたということです。

改ざんはタカタが経営していた時期から行われ、滋賀の工場では20年間、フィリピンの事業所では14年間、続いていたとしています。

原因について、調査では、法令順守の意識が浸透せず、計画に従って生産することを優先していたなどと指摘しています。

一方、会社は、市場から一部の製品を回収して再検査するなどした結果、そのまま使い続けても安全面に問題はないと判断したとしています。

岩満久好社長はオンラインの会見で、自動車メーカーによるリコールはないという見通しを示したうえで「多大なるご迷惑とご心配をおかけし、深くおわび申し上げます。企業文化を徹底的に改善していく」と陳謝しました。

国土交通省「再発防止策の徹底を」

問題が明らかになったことを受けて、国土交通省は、シートベルトを製造した「ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン」やシートベルトを取り付けた自動車メーカーに事実関係や安全性の調査と報告を求めていました。

その結果、品質に関する数値を書き換えていたことがわかりましたが、安全性に問題はないと判断したということです。

国土交通省は「結果として安全性に問題はなかったが、シートベルトは自動車の安全を担う非常に重要な部品であり、再発防止策の徹底を求める」とコメントしています。