香港「リンゴ日報」支援の動き広がる 幹部5人の逮捕受け

中国に批判的な論調で知られる香港の新聞「リンゴ日報」の幹部5人が反政府的な動きを取り締まる香港国家安全維持法に違反したとして警察に逮捕されたことを受けて、香港の市民の間では新聞を買って支えようという動きが広がっています。

香港の警察は17日、「リンゴ日報」の編集部門や経営部門の幹部5人を記事などを通じて中国や香港の政府に制裁を科すよう呼びかけたとして外国勢力と結託し、国家の安全に危害を加えた香港国家安全維持法違反の疑いで逮捕しました。

これに対し「リンゴ日報」は18日の朝刊一面の見出しで「踏ん張ろう」という逮捕された幹部のことばを伝えるとともに、8ページを割いて事件を詳しく報じました。

市民の間ではSNSでリンゴ日報を買って支えようという呼びかけが行われ香港中心部の売店には通勤客らが次々に訪れて中には1人で10部買い求める人もいました。

中年の女性は「長年読んでいるので、もし、この新聞がなくなってしまったら、何を読めばいいのでしょう」と心配そうに話していました。

香港では去年8月に「リンゴ日報」の創業者が逮捕された際にも同様の呼びかけが広がって売り切れが相次いだため、「リンゴ日報」は18日、発行部数をふだんの6倍以上にあたる50万部に増やしたということです。

逮捕された5人のうち編集部門と経営部門のトップの2人は18日起訴され、19日裁判が行われることになりました。

残る3人については、さらに捜査が続く見通しです。

中国 香港の警察の対応を正当化

中国に批判的な論調で知られる香港の新聞の幹部が香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕されたことについて、中国外務省の趙立堅報道官は、18日の記者会見で「香港は法治社会であり、法律の前では誰もが平等で、報道の自由を含むいかなる権利も国家の安全という一線を越えることはできない。われわれは香港政府と警察が法律に基づいて職務を履行することを断固として支持する」と述べ、香港の警察の対応を正当化しました。

そのうえで、アメリカ国務省のプライス報道官が「政治的な動機に基づく逮捕だ」と強く非難したことについて「香港は中国の内政であり、いかなる国家や組織、個人が介入する権利はない」と述べ、アメリカをけん制しました。