「TOKYO2020」滑走路脇に巨大文字 成田空港 五輪まで1か月余

東京オリンピックの開幕まで1か月余りとなるなか、成田空港の滑走路の脇に「TOKYO2020」という芝でかたどった巨大な文字が登場しました。成田空港に18日お目見えした「TOKYO2020」という巨大な文字は、2本ある滑走路の脇にそれぞれ作られました。

A滑走路の脇にある文字は幅およそ110メートル、縦15メートルあり、航空機が離着陸する際に窓から見ることができるほか、ターミナルビルの展望デッキからも見ることができます。

芝でかたどられている文字は、よく見えるように周りの芝を刈り取ったあと、ゴルフ場のグリーンで使用される鮮やかな緑色の塗料が塗られているということです。

東京オリンピック・パラリンピックでは、海外からの観客を受け入れないことが決まっていますが、選手や大会関係者が成田空港を利用して来日する予定です。

成田空港会社の大河原啓マネージャーは「海外から観客が来ないのは残念だが、成田空港は選手や関係者が日本に来て初めて利用する場所なので、おもてなしの心で迎えたい」と話していました。