大阪北部地震から3年 女子児童の小学校で追悼の式典 高槻

大阪府北部で震度6弱の揺れを観測した地震が発生してから18日で3年です。地震の揺れでブロック塀が倒れ、女子児童が亡くなった大阪 高槻市の小学校で追悼の式典が行われました。

3年前の6月18日、大阪府北部で震度6弱の揺れを観測した地震では高槻市の寿栄小学校でプールのブロック塀が40メートルにわたって倒れ、通学途中の4年生の女子児童が下敷きになって亡くなりました。

地震から3年となる18日、学校で追悼の式典が行われ、濱田剛史市長などが現場近くに設けられた献花台に花を手向け、地震が起きた7時58分に合わせて黙とうしました。

寿栄小学校の佐藤美恵校長は「これからも事故のことを決して忘れず安全で安心な学校づくりに全力で取り組んでいきたい」と述べました。

また、高槻市役所では濱田市長が幹部職員を集めて訓示を行い「当時の記憶を後世に伝え、今後の災害への対応につなげたい。職員の高い意識が強じんな街づくりの源になる」と呼びかけました。

高槻市では、すべての公共施設でブロック塀の撤去を進めていて、小学校と中学校については来年度までに、幼稚園や公園、公民館などそのほかの公共施設では2028年度までに、終える予定です。

濱田市長は「この地震を教訓に平時からの備えを万全にし、災害などの脅威から市民を守る街づくりを推進していきたい」と述べました。
また、高槻市役所では濱田市長が職員に訓示を行い「当時の記憶を後世に伝え、今後の災害への対応につなげたい。職員の高い意識が強じんな街づくりの源になる」と呼びかけました。

高槻市では、小学校をはじめとしたすべての公共施設でブロック塀の撤去を進めていて、2028年度までに完了する予定です。

濱田市長は「この地震を教訓に平時からの備えを万全にし、災害などの脅威から市民を守る街づくりを推進していきたい」と述べました。