大坂なおみ ウィンブルドン欠場へ

テニスの大坂なおみ選手が、今月末にイギリスで開幕する四大大会の1つ、ウィンブルドン選手権を欠場することが分かりました。

これは大坂選手のマネジメント会社が明らかにしました。

大坂選手は先月、全仏オープンの1回戦のあと、記者会見に応じなかったことから大会の主催者に罰金を科され、そのまま大会を棄権しました。

このため、全仏オープンに続いて今月28日に開幕する四大大会のウィンブルドン選手権に出場するか注目されていましたが、大坂選手のマネジメント会社によりますと、ことしのウィンブルドン選手権については欠場することを決め、現在は家族や友人と過ごしているということです。

女子シングルスの世界ランキング2位の大坂選手は東京オリンピック代表に内定していて、大坂選手の関係者は全仏オープンを棄権したあとNHKの取材に対して大坂選手が体調などを考慮したうえで、オリンピックについては出場したい意思を示していることを明らかにしています。