東芝 株主総会の問題 筆頭株主「経営陣 説明責任果たすべき」

東芝の株主総会の運営をめぐる問題について、筆頭株主のファンドが17日、コメントを発表し、株式会社制度を揺るがしかねないと指摘したうえで、東芝の経営陣に対し、説明責任と結果責任を果たすべきだと求めました。

東芝の去年の株主総会をめぐり、株主に選任された外部の弁護士は今月10日に公表した報告書で、筆頭株主の投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」の提案を妨げるため、会社と経済産業省が連携して不当な影響を一部の株主に与えたと指摘し「総会が公正に運営されたものとはいえない」と結論づけました。

これを受けてエフィッシモが17日、コメントを発表し、この中で「株主総会の公正な運営は株式会社制度の根幹をなすものであり、このような根幹を揺るがしかねない問題が生じていたことに強い危機感を有している」と述べています。

報告書が公表された後、東芝は社外取締役や副社長ら4人の退任を決めましたが、コメントではこれには触れず「東芝経営陣においては今後、企業統治の抜本的な改善を行い、株主に対する説明責任および結果責任を果たしていくべきだ」と求めています。