東京五輪・パラ 公明 山口代表 野党の中止意見「非現実的」

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、公明党の山口代表は党の中央幹事会で、野党側に中止を求める意見があることについて「極めて非現実的で、国民の不安をあおりかねない主張だ」と批判しました。

この中で山口代表は、東京オリンピック・パラリンピックについて「国民の中には感染に結びつくようなことがあっては困るという心配も多い。政府や大会組織委員会、東京都などがしっかり認識を共有し、いかに安全で安心な開催が可能かを国民に具体的で分かりやすく説明していく必要がある」と指摘しました。

そのうえで、野党側に大会の中止を求める意見があることについて「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的で、国民の不安をあおりかねない主張だ」と批判しました。