米ロ首脳会談 共同声明発表 核軍縮などめぐり戦略的安定へ対話

アメリカのバイデン大統領とロシアのプーチン大統領はスイスで初めての対面での首脳会談を行い、新たな核軍縮の枠組みの構築など戦略的安定に向けた2国間対話を始めることで合意しました。一方、アメリカに対するサイバー攻撃についてバイデン大統領は、プーチン政権が対応をとらない場合には相応の措置をとると警告しました。

アメリカのバイデン大統領とロシアのプーチン大統領は16日、スイスのジュネーブで初めて対面での首脳会談を行い、およそ3時間半にわたって協議しました。

会談後、両首脳は個別に記者会見を開き、プーチン大統領が「建設的だった」と述べたのに対し、バイデン大統領も「ロシアに向き合ううえでの明確な基礎を築くことができた」と述べ双方が前向きに評価しました。

そして両首脳は共同声明を発表し、核軍縮や軍備管理をめぐって「戦略的安定対話」の枠組みを近く開始することで合意したとしています。

声明では「軍備管理とリスクを低減するための措置の基礎を築くことを目指す」としていて、核軍縮条約「新START」が5年後に失効することを見据えて対話していくとしています。

また、プーチン大統領は会見で両国の関係悪化を受けて自国に戻っていた双方の大使を帰任させることで合意したことも明らかにしました。

一方、会談ではアメリカをねらったサイバー攻撃についても議論され、バイデン大統領はエネルギーや水道など攻撃対象にすべきではない16の分野を明記したリストをプーチン大統領に手渡したことを明らかにしました。

さらに「アメリカにはサイバー分野で極めて高い能力がある」と述べ、今後、攻撃が行われれば相応の措置をとると警告しました。

プーチン大統領はサイバー攻撃についてロシア政府の関与を否定しています。

バイデン大統領は今後、半年から1年かけて首脳会談で合意したことが実行されるのか確認していきたいとしています。

バイデン大統領「明確な基礎を築くことができた」

アメリカのバイデン大統領はロシアのプーチン大統領との初の首脳会談のあと記者会見し「アメリカがロシアに向き合っていくうえでの明確な基礎を築くことができた」と述べて会談の意義を強調しました。

バイデン大統領は会談について「ロシアに対抗するためではなくアメリカの国民のために行った会談だ」としたうえで、「相互の利益を促進するために協力できる分野を明確にすることや、アメリカが行動を起こすことになる自国や同盟国の利益を損なう行為とは何かを直接伝達すること、さらにわが国の優先順位の内訳と価値観とは何かを明確にすることなど会談の目的は成し遂げた」と述べました。

そのうえで「プーチン大統領が戦略的安定に向けた対話を立ち上げることに同意したことをうれしく思う。軍事・外交の専門家らが危険で高性能な新しい武器を管理していくための枠組みにおいて対話していく」と説明しました。

また、バイデン大統領はロシアの反体制派の指導者、ナワリヌイ氏が刑務所に収監されていることについて懸念を表明したとし「基本的人権について今後も取り上げ続けるとプーチン大統領に明確に伝えた」と述べました。

さらにシリアへの人道支援や、アメリカ軍などがことし9月11日までに撤退するアフガニスタンを再びテロ組織の温床としないための方策について議論したということです。

このほか、ウクライナの主権や領土を守るためにアメリカが関与していく考えを示したとしたほか、ロシアが軍備増強を続けている北極圏を対立ではなく協力の場にしていくべきだという考えを伝えたということです。

そしてバイデン大統領は「今後もっとたくさんのやらねばならないことがある。ここからどう歩んでいくかだ」と述べ、今回の首脳会談を足がかりに米ロ関係を改善させていくことに意欲を示しました。

プーチン大統領「建設的だった」

ロシアのプーチン大統領は初めての会談後の記者会見でバイデン大統領について「期待していたように非常に建設的でバランスのとれた人物だった」と評しました。

バイデン氏との関係についてプーチン大統領は、ロシアの文豪トルストイの表現を引き合いにしながら「一瞬の光が見えた」と述べ、両国の関係改善に向けた道のりは険しいものの首脳どうしの個人的な関係を構築することについては手応えがあったことを示唆しました。

また、会談についてもプーチン大統領は「多くの立場で意見の相違はあるが、双方は相手を理解し距離を近づけるための方法を見いだそうとする気持ちを示した。建設的だった」と述べました。

一方、アメリカがプーチン政権の対応を批判しているロシアの反体制派の指導者、ナワリヌイ氏をめぐる問題については「会談で話をした。バイデン氏が提案してきたものだ」と述べましたが、具体的にどのようなやり取りがあったかは言及せずロシアの法律に違反したため刑務所に収監されていると主張しました。

また、プーチン大統領はサイバー攻撃の問題をめぐってはロシアも被害を受けていると強調したうえで「世界全体、特にアメリカやロシアにとって非常に重要な問題になっている」と述べ、サイバー空間の安全性などをめぐってアメリカと対話を始めるとしています。