立民 枝野代表 連立の枠組み含む政権構想 早く明らかにしたい

国会の閉会を受けて、立憲民主党の枝野代表は党の会合で、次の衆議院選挙に向けて、事実上、選挙戦は始まったと強調し、みずから政権を担った場合の連立の枠組みを含めた政権構想を、できるかぎり早く明らかにしたいという考えを示しました。

この中で枝野氏は、閉会した今国会について「感染症対策で現場を見ず、国民の命と暮らしを守る責任が感じられない菅政権に対し、われわれは対案を示しながら問題点を浮き彫りにできた」と述べました。

そして次の衆議院選挙に向けて、事実上、選挙戦は始まったと強調したうえで「新しい政権で何をするのか、さらに形を整えて国民にも訴えたい。新しい政権の枠組みについても、相手のあることなので、状況も見極めながらできるかぎり早く示したい」と述べました。

また「衆議院議員は、原則、あすから選挙区に張り付き、東京に来ないでほしい。選挙に勝ち抜くことが感染症を乗り切るために課せられた責任だという思いで活動を進めてもらいたい」と呼びかけました。