参院 立民など提出の内閣委員長解任決議案 本会議で否決

安全保障上、重要な施設周辺の土地利用を規制する法案をめぐり、立憲民主党などが提出した参議院内閣委員長に対する解任決議案は、参議院本会議で採決が行われ、自民 公明両党と日本維新の会、国民民主党などの反対多数で否決されました。

参議院内閣委員会で審議が行われている安全保障上、重要な施設周辺の土地利用を規制する法案をめぐっては、与党側が14日、委員会での採決を提案したことに、立憲民主党と共産党が反発し、自民党の森屋内閣委員長の解任決議案を提出しました。

これを受けて15日夕方、参議院本会議が開かれ、立憲民主党の森本真治氏は趣旨説明で「森屋委員長は職権で委員会立てを決定した。民主的プロセスを大事にしない委員長に断固、抗議する」と述べました。

これに対し自民党の徳茂雅之氏は、討論で「法案は安全保障上、必要不可欠だ。理不尽な解任決議案の提出は全く容認できない」と反論しました。

採決が行われた結果、解任決議案は、自民 公明両党と日本維新の会、国民民主党などの反対多数で否決されました。

与党側は、このあと内閣委員会を開き、土地利用を規制する法案を可決させたうえで、今夜中に参議院本会議でも採決を行いたいとしていますが、立憲民主党は、これを阻止するため、自民党の水落 議院運営委員長の解任決議案の提出を検討していて、与野党の攻防が続いています。