岩手 奥州市西部付近に記録的大雨 災害の危険迫る

気象庁によりますと、岩手県の奥州市西部付近では、レーダーによる解析で午後5時30分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

災害が発生する危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう、呼びかけています。