野党 不信任決議案提出へ 与党否決の方針 与野党攻防ヤマ場に

国会の会期末を16日に控え、立憲民主党など野党4党は、政府の新型コロナ対応は不十分で改善は望めないとして、菅内閣に対する不信任決議案を15日、提出します。与党側は、不信任にあたる理由はないとして午後の衆議院本会議で直ちに否決する方針で、与野党の攻防がヤマ場を迎えます。

16日の会期末を前に、立憲民主党など野党4党は、新型コロナウイルス対応で不測の事態に備える必要があるとして、3か月の会期延長を求めてきました。

政府・与党はイギリスから帰国した菅総理大臣と自民党の二階幹事長らが協議し、政府が提出した法案はおおむね成立のメドが立ったとして要求には応じない方針を決め野党側に伝えました。

このため、野党4党は党首が会談し、政府の新型コロナ対応は不十分で改善は望めないとして、15日午前、菅内閣に対する不信任決議案を提出することになりました。

与党側は、不信任にあたる理由はないとして、午後に開かれる衆議院本会議で直ちに反対多数で否決する方針です。

一方、安全保障上、重要な施設周辺の土地利用を規制する法案を審議している参議院内閣委員会では、立憲民主党と共産党が自民党の森屋委員長の運営が強引すぎると反発し、解任決議案を提出しました。

与党側は、15日の参議院本会議で決議案を否決したうえで、法案の成立を図りたいとしていますが、野党側には「成立を断固阻止すべきだ」という意見もあり、与野党の攻防はヤマ場を迎えます。