山形 鶴岡 南部付近に記録的大雨 全国で大気不安定 安全確保を

全国的に大気の状態が不安定になり、山形県の鶴岡市南部付近では、14日午後7時前までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表し、安全を確保するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空の寒気や湿った空気の影響で、全国的に大気の状態が不安定になっていて、局地的に雨雲が発達しています。

山形県鶴岡市南部付近では、レーダーによる解析で、14日午後6時50分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

災害が発生する危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう、呼びかけています。

14日の午後2時前までの1時間には、北海道の十勝地方で90ミリから100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ「記録的短時間大雨情報」が発表されています。

大気の不安定な状態は今夜遅くにかけて全国の広い範囲で続く見通しで、局地的に雨雲が発達するおそれがあります。

気象庁は、落雷や竜巻などの突風のほか、急な激しい雨、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。