さいたま市 東京五輪・パラ パブリックビューイング中止を決定

東京オリンピック・パラリンピックの期間中のパブリックビューイングについて、さいたま市は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止することを決めました。

さいたま市は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、浦和区の「浦和コミュニティセンター」のホールや集会室で毎日、パブリックビューイングを開催する予定でした。

市は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、参加できる人数を減らすことなども検討していましたが、1か所に集まって応援することで人の流れが増えることや、集まって応援することで感染のリスクが避けられないとして、中止することを決めました。

さいたま市は、「開催できるか、慎重に検討を進めてきたが、感染拡大のリスクを考慮して中止を決めた」と話しています。