カラオケパブ店内で25歳女性オーナー死亡 殺人事件で捜査 大阪

14日午前、大阪 北区の雑居ビルにあるカラオケパブの店内で刺し傷や切り傷がある女性の遺体が見つかりました。女性は、この店の25歳のオーナーと確認され、警察は殺人事件として捜査しています。

14日午前10時40分ごろ、大阪 北区天神橋の雑居ビルの5階にあるカラオケパブの店内で「オーナーが血まみれで倒れている」と知人の女性から警察に通報がありました。

警察によりますと、女性が床の上にあおむけで倒れていて、胸に刺し傷があったほか、首に複数の切り傷があり、その場で死亡が確認されました。

その後の調べで、死亡したのはこの店のオーナー、稲田真優子さん(25)と確認されたということです。

現場から凶器は見つかっておらず、店のドアは施錠されていたということで、警察は殺人事件として捜査しています。

現場はJR天満駅のすぐ近くの飲食店などが建ち並ぶ繁華街です。