Jリーグカップ ベスト8が出そろう サッカー

サッカーのJリーグカップは準々決勝進出を争うプレーオフの第2戦3試合が行われ、ベスト8が出そろいました。

第1戦で敗れたFC東京は湘南ベルマーレに4対1で勝って1勝1敗とし、2試合あわせた得失点差で上回って準々決勝に進みました。

横浜F・マリノス対北海道コンサドーレ札幌は、コンサドーレが3対1で勝ち、1勝1引き分けとしてベスト8進出です。

第1戦に勝った浦和レッズはヴィッセル神戸と2対2で引き分け、1勝1引き分けで勝ち上がりました。

準々決勝は13日に勝ち上がった3チームに加え、アジアチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪と、すでにベスト8進出を決めていた鹿島アントラーズの8チームによって9月に行われます。