西武 平良海馬投手 開幕から32試合連続無失点 プロ野球新記録

プロ野球・西武の平良海馬投手が13日行われた中日との交流戦で9回の1イニングを無失点に抑えて開幕から32試合連続無失点としプロ野球新記録を達成しました。

平良投手は今月10日の試合で開幕から31試合連続無失点とし5年前の平成28年に中日の田島慎二投手がマークしたプロ野球記録に並んでいました。

そして、13日本拠地のメットライフドームで行われた中日との交流戦で4対3と1点リードの9回に4人目としてマウンドに上がりました。

平良投手は先頭のビシエド選手に内野安打を打たれましたが、後続をきっちり抑えて開幕から32試合連続無失点としプロ野球新記録を達成しました。

平良投手は沖縄県出身の21歳。

最速160キロのストレートとキレのある変化球を持ち味に昨シーズンはリーグ2位の33ホールドをあげて新人王に輝きました。

4年目の今シーズンはここまで1勝6セーブ、リーグトップの21ホールドをあげています。

平良投手は試合のあとのヒーローインタビューで「点を取られなかったのでよかった。1試合1試合の積み重ねだと思う。今後も頑張っていきたい」と話していました。

平良投手は今後、開幕からに限らないパ・リーグ記録の34試合連続無失点、去年、阪神で現役を引退した藤川球児さんが持つプロ野球記録の38試合の更新を目指すことになります。

中日 田島投手「藤川球児さんの記録まで頑張って」

西武の平良海馬投手が、5年前の平成28年に自身がマークしたプロ野球記録を更新したことについて、中日の田島慎二投手は「開幕からの連続無失点だけでなく、上には藤川球児さんの記録があるので、ぜひ、そこまで頑張ってほしいですね」と球団を通じてコメントを出しました。