オオカミ犬2頭が逃げ出す 通報から20時間近くたって 捕獲

長野県富士見町でブリーダーの男性が飼育していたオオカミ犬2頭が11日、おりから逃げ出しました。警察などが出て捕獲作業にあたり、犬は通報から20時間近くたった12日午後、捕獲されました。

警察によりますと11日午前6時すぎ、長野県富士見町でオオカミ犬2頭がおりからいなくなっていることに飼い主であるブリーダーの男性が気づきました。

午後6時半ごろには近くの住民から「犬が道路を歩いている」と警察に通報があり、12日朝から警察や町の職員などおよそ50人が出て捕獲にあたりました。
2頭はいずれも体長およそ1メートルの3歳のメスで、飼育していた敷地内の林にいるのが見つかりましたが、オオカミ犬は臆病な性格で警戒心が強く、人が近寄ると逃げるため、捕獲作業は難航しました。

そして、網やさすまたを使って追い詰めるなどして、通報から20時間近くたった12日午後2時すぎ、2頭とも捕獲されました。

飼い主の60代の男性によりますと敷地では18頭のオオカミ犬を飼育していて、犬はおりの一部をこじあけて逃げ出したとみられるということです。

「オオカミ犬は責めないで」

男性は、「無事に捕獲できてよかったが多くの人に迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。私のミスなのでオオカミ犬は責めないでほしい」と話していました。