サッカーU24日本代表 ジャマイカに快勝 久保が先制ゴール

東京オリンピック世代のサッカー、24歳以下の日本代表は12日、愛知県豊田市でメンバー選考前の最後の強化試合として年齢制限のないジャマイカ代表と対戦し、20歳の久保建英選手の先制ゴールなどで4対0で快勝しました。

日本は12日、豊田スタジアムでジャマイカとの試合に臨み、吉田麻也選手など、オーバーエイジ枠の3人のほか、攻撃陣では久保建英選手や三笘薫選手などが先発出場しました。

日本は序盤から攻撃陣が積極的に仕掛け、前半32分に久保選手が先制ゴールを決めると、その10分後にオーバーエイジ枠の遠藤航選手がミドルシュートを決めて追加点を挙げました。

後半は三笘選手のスルーパスに反応した途中出場のフォワード、上田綺世選手がループシュートを決めたほか、相馬勇紀選手が鋭いドリブル突破から得点をアシストするなどメンバー入りへアピールしました。

守備ではオーバーエイジ枠の3人を中心に安定したプレーを見せて完封し、年齢制限のないジャマイカ代表を相手に、4対0で快勝しました。

指揮を執る横内昭展コーチはオーバーエイジ枠の3人以外のメンバーについては12日の試合後に考えたいとしていて、「ある程度、骨格は見えてきた。森保監督と話しながら決めたい」と話していました。

久保「狙いどおりの形」

先制点を挙げた久保建英選手は「リスタートで相手の裏を突こうと話をしていたのでチームとして狙いどおりの形だった。いったん休んでメンバー発表の日を待ちたい。オリンピックが開催されたときのために準備するのが選手の義務だと思うので自分たちにできる準備をしっかりしたい」と話していました。

上田「出せるものは出した」

途中出場でゴールを決めたフォワードの上田綺世選手は「三笘選手からいいパスが来たので、決めるだけだった。自分の出せるものは出したつもりなのであとはメンバー発表を待つだけだと思う。メンバーに選ばれたらいいパフォーマンスを出せるよう準備をしたい」と話していました。

メンバー入りへ多くの選手がアピール

東京オリンピック世代のサッカー24歳以下の日本代表の選手たちにとって、12日のジャマイカ戦は18人のメンバー入りに向けた最後のアピールの場となり、多くの選手が実力を示しました。

今回、指揮をとった横内昭展コーチはオリンピックのメンバーについて、吉田麻也選手、酒井宏樹選手、遠藤航選手というオーバーエイジ枠の3人以外は、12日の試合後に考えたいとしていて、実質15人の枠に誰が入るのか注目されています。

最もわかりやすい「得点」という結果を残したのは4人。

先制点をあげたスペイン1部リーグの久保建英選手。

2点目を奪ったドイツ1部の遠藤航選手。

3点目の鹿島アントラーズの上田綺世選手。

ドイツ1部の堂安律選手はダメ押しの4点目を決めました。

オーバーエイジ枠の遠藤選手を含め海外組の主力が本来の実力を発揮しましたが、Jリーグ勢で唯一得点したフォワードの上田選手のアピールも鮮烈でした。

スルーパスに抜け出すと、巧みなループシュートで2試合連続のゴールをあげて、このチームの立ち上げから最多得点をマークしている意地を見せ、試合後には「自分の持っているものは出したつもりなので、あとはメンバー発表を待つだけ」と振り返りました。

上田選手の得点につながったスルーパスを出したのが川崎フロンターレの三笘薫選手。

左サイドでのドリブル突破が持ち味ですが、この場面では中央に切り込んで相手の複数の選手を一気に抜き去り、ラストパスにつなげました。

「結果を出さないとメンバーに残れない」と危機感を抱いて臨んだ三笘選手はこの日のプレーについても「簡単なミスが多かったし、アシストがなかったら何もしていないところだったので満足はできない」と反省しきりでしたが、一定の結果は残しました。

三笘選手と同じ左サイドでもう1人輝きを見せたのが、名古屋グランパスの相馬勇紀選手です。

途中出場から4分後に持ち味のスピードを発揮して抜けだして堂安選手のゴールをアシストし、短い出場時間でも結果を残しました。

直接得点に絡まなくても存在感を示した選手もいます。

フロンターレのボランチ、田中碧選手はオーバーエイジ枠の遠藤選手とコンビを組んで攻守で安定感のあるプレーを見せました。

左サイドバックに入ったこちらもフロンターレの旗手怜央選手は、もともとは攻撃的なポジションですが、昨シーズン、チームの事情でコンバートされました。

遠藤選手が得点した場面では、遠藤選手がボールを持った瞬間にオーバーラップして相手を引きつけるなど豊富な運動量を生かした積極的な攻撃参加で存在感を示しました。

代表でも複数のポジションをこなせることも示し、「ガーナ戦で左サイドバックに入った中山選手は守備に強いタイプなので僕は攻撃面で違いを見せないといけないと思っていた。最後の試合だったので自分のやりたいことを表現できたのはすごく良かったと思う」と充実感をにじませました。

横内コーチは試合後、「ある程度、骨格は見えてきた。森保監督と話しながらメンバーを決めていきたい」と話しました。

今月中のメンバー発表に向けて、首脳陣は最後まで頭を悩ませることになりそうです。