エンジェルス 大谷 連続ボーク判定にいらだつ場面も

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が11日、ダイヤモンドバックス戦に2番・ピッチャーで出場しピッチャーとしては5回2失点で勝ち負けはつかず、バッターとしては2本のツーベースヒットで得点に絡みました。

大谷選手は11日、相手の本拠地アリゾナ州フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に2番・ピッチャーで先発出場しました。

投打の同時出場は今シーズン6回目となります。

ピッチャーとして今シーズン3勝目を目指す大谷選手は、得意のスプリットで1回に2者連続三振、2回にも三振1つを奪って上々の立ち上がりを見せましたが、1点リードした3回にバッターとしてツーアウト一塁の場面で第2打席に入った際、2球目の速球を打ち損じて自打球が右ひざ付近に直撃するアクシデントがありました。

大谷選手は痛みをこらえながらその打席の6球目で変化球をとらえて右中間へタイムリーとなるツーベースヒットを打ちました。

さらに、続くバッターのタイムリーヒットでみずからもホームを踏み、チームはこの回、3点を奪いました。

そのウラのピッチングでは、コントロールが乱れてフォアボールを出すなどツーアウト二塁三塁のピンチを招きましたが、後続のバッターに対して、この日、最速となる160.2キロの速球を投げたあと、最後は、158.5キロの速球で空振りの三振を奪ってしのぎました。

4回もワンアウト二塁三塁から2者連続の三振で切り抜けるなど力強いピッチングを見せました。

このあと3点リードの5回は、みずからのボークなどで2点を失いましたが、3対2とリードを守り6回からは、ライトの守備にまわりました。

大谷選手は、5回までに86球を投げて打たれたヒットが5本、三振8つを奪い、2失点でした。

大谷選手がライトの守りに入った6回に4対4の同点に追いつかれたため勝ち投手の権利はなくなり3勝目は持ち越しとなりました。

大谷選手は、このあと7回、ノーアウト一塁の第4打席で初球の変化球を振り抜き右中間へこの試合2本目となるツーベースヒットを打ちました。

大谷選手は、7回ウラの守りにはつかずこの試合4打数2安打1打点で打率を2割6分7厘としています。

試合はエンジェルスが延長10回に1点を勝ち越し6対5で勝ちました。

大谷「バッティングはほぼ満点」

大谷選手は自身のピッチングについて「すごく乾燥していてスライダーが抜け気味で、スプリットもあまり変化していなかったので、何とかだましだまし投げていた感じだった」とアリゾナ特有の乾燥した気候に苦しんだ様子でした。

また、右ひざへの自打球については「投げている間はそんなに痛みはなかったが、外野の守備についた時のほうが痛みを多少感じた」と話し、ツーベースヒット2本を打ったバッティングは「ほぼ満点だったと思う」と振り返りました。

連続ボーク判定に不満

大谷選手は大リーグで初めてボークを連続で取られて失点し、審判に対して両手を広げて見せるなど、珍しく判定に不満を示す場面がありました。

大谷選手は、5回、ツーアウト一塁二塁の場面で二塁ランナーをけん制する際の動作で1つ目のボークの判定を受けました。

大谷選手はこれが大リーグで初めてとなるボークで、苦笑いを浮かべながら両手を広げて判定に不満な様子でした。

ボークでランナーがそれぞれ進んで二塁三塁となると、今度は投球動作の前に静止しなかったとして2つ目のボークを取られ、三塁ランナーがかえって失点しました。

大谷選手は今度はマウンド上で首を振り、判定に納得いかない様子を見せました。

2つのボークについて大谷選手は「判定について、直接審判と話していないが、映像で振り返った感じでは僕自身はそうでも無かったと思う」と話しました。

そのうえで「久々にマウンドでイライラしてしまったかなと思うので、その辺はまだまだ。どういう状況でも抑えることに徹すればいいのかなと思う。微妙なプレーの時に冷静でいられるために野球だけではなく、ふだんからそういう精神状態を作れればいい」と反省していました。

この一連の判定についてアメリカのメディアは「大谷選手が1つ目のボークの判定に不満な態度を見せたことで、審判の判定がさらに厳しくなった」などと伝えています。