プロ野球 交流戦6試合の結果

プロ野球は交流戦の6試合が行われ、4連勝のオリックスが交流戦で単独首位に立ちました。

▽オリックス対広島はオリックスが4対0で勝ちました。

オリックスは7回に杉本選手の2点タイムリーなどで3点を先制し、8回にも1点を加えました。

先発の山本投手は7回までランナーを1人も許さず、8回を投げてヒット2本で無失点。

自己最多の15個の三振を奪い6勝目をあげました。

オリックスは引き分け1つを挟んで4連勝、交流戦で単独首位に立ちました。

広島はルーキーの大道投手が5回をノーヒットで無失点と好投しましたが、打線の援護がなく、チームは5連敗です。

▽楽天対阪神は阪神が3対2で勝ちました。

阪神は2点を追う5回、糸井選手のタイムリーで1点差とし続く6回にはマルテ選手の12号ツーランで逆転しました。

先発の青柳投手は8回2失点で5勝目。

スアレス投手が2年連続で20セーブをマークしました。

阪神は4連勝です。

楽天は先発の涌井投手が7回3失点も序盤のリードを守れませんでした。

▽ソフトバンク対ヤクルトはヤクルトが1対0で勝ちました。

ヤクルトは2回、村上選手の2試合連続となる19号ソロで先制しました。

先発した石川投手は6回無失点で2勝目です。

一方、ソフトバンク先発の石川投手も8回1失点でしたが、打線の援護がありませんでした。

ソフトバンクは引き分けを挟んだ連勝が3で止まりました。

▽ロッテ対巨人は巨人が5対1で勝ちました。

巨人は1対1の8回、ウィーラー選手のタイムリーツーベースで勝ち越しさらに岡本和真選手の17号ツーランと若林選手のタイムリーでこの回4点をあげました。

先発のメルセデス投手は7回1失点で2勝目。

巨人は連敗を4で止めました。

ロッテは3人目の大嶺投手が打たれて勝率が5割となり、パ・リーグ4位に転落しました。

▽西武対中日は中日が6対5で勝ちました。

中日は3回に大島選手のタイムリーなどで2点を先制し、4回には2つのエラーに乗じて3点、7回も相手のエラーで1点を加えました。

先発の大野雄大投手は7回3失点で3勝目。

中日は7年ぶりの交流戦勝ち越しを決めました。

西武は守備が乱れ、終盤の追い上げも届きませんでした。

▽日本ハム対DeNAはDeNAが4対0で勝ちました。

DeNAは1回、オースティン選手の13号ツーランで先制し、3回と5回にはいずれも佐野選手の犠牲フライでリードを広げました。

先発の濱口投手はヒット4本に抑え、2年ぶりの完封で4勝目をあげました。

日本ハムは今シーズン3回目の4連敗を喫しました。

巨人の坂本 右手親指骨折から約1か月ぶりに復帰

プロ野球・巨人のキャプテン、坂本勇人選手が11日夜のロッテ戦で右手親指の骨折からおよそ1か月ぶりに復帰し、早速2本のヒットを打ちました。

坂本選手は、先月9日の試合で一塁ランナーの時にけん制球で右手親指を骨折しましたが、11日夜、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテとの交流戦に5番・ショートで先発出場し、およそ1か月ぶりに復帰しました。

坂本選手は、2回の第1打席でレフト前ヒット、8回の第4打席でもライト前にヒットを打って、この試合、3打数2安打と早速結果を出しました。

また、ショートの守備では軽快な動きでゴロを処理してダブルプレーを奪うなど、けがの影響を感じさせないプレーを見せました。

試合は巨人が5対1で勝ち、連敗を4で止めました。

坂本選手は「けがをしている時も家でテレビを見ながらプレーしたいと思ってやっていたので、まずは復帰できてよかった。問題なくプレーができ結果も出てほっとしているし、チームの勝利に貢献できてよかった」と話していました。

また原辰徳監督は「野球そのものが落ち着いている。チームにいい風を吹かせてくれたという気がする」とキャプテンの復帰を喜んでいました。