墓地のそばで発見 遺体は59歳男性 首絞められ殺害か 茨城 取手

9日、茨城県取手市の墓地のそばで、布団にくるまれた遺体が見つかった事件で、死亡したのは千葉県内に住む59歳の男性と確認されました。死因は首を絞められたことによる窒息死とみられ、警察は殺人などの疑いで捜査本部を設置し、詳しい状況を調べています。

9日の午前6時前、茨城県取手市稲の墓地のそばで、布団にくるまれ、ひもで縛られた男性の遺体が見つかりました。

その後の調べで、死亡したのは千葉県我孫子市に住む北田和彦さん(59)と確認されました。

また、司法解剖をして遺体を詳しく調べた結果、死因は首を絞められたことによる窒息死とみられることが分かり、11日午後、殺人や遺体を遺棄した疑いで捜査本部を設置しました。

北田さんは、今月7日ごろから遺体が発見された9日までの間に死亡したとみられ、警察は周辺の防犯カメラの映像を分析するなどして詳しい状況を調べています。