21歳警察官 警察署で頭から血流し倒れ死亡 福島

11日午後、福島県の警察署の屋上で、21歳の警察官が頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。現場には拳銃があったということで、警察は拳銃で自殺を図ったとみて調べています。

11日午後0時半ごろ、福島県の田村警察署の屋上で、地域交通課の壱岐明日真巡査(21)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

警察によりますと、巡査はおととし警察官になったあと、去年1月から田村警察署で勤めていて、11日は午前8時半から勤務していたということです。

現場には本人が携帯していた拳銃があったということで、警察は、巡査が拳銃で自殺を図ったとみて詳しいいきさつを調べています。

福島県警察本部の佐藤剛警務課長は「このような事案が発生したことは、誠に遺憾です」とコメントしています。