円相場 小幅に値上がり 米の金融緩和策当面続く見方でドル売り

11日の東京外国為替市場、円相場はドルに対して小幅に値上がりしました。

午後5時時点の円相場は、10日と比べて11銭円高ドル安の1ドル=109円43銭から44銭でした。

ユーロに対しては、10日と比べて11銭円安ユーロ高の1ユーロ=133円31銭から35銭でした。

ユーロは、ドルに対して1ユーロ=1.2182から84ドルでした。

市場関係者は「アメリカの大規模な金融緩和策は当面続くという見方からドルが売られた。日本時間の今夜、イギリスで始まるG7サミット=主要7か国首脳会議が中国に対してどのような対応をするかに注目している投資家もいる」と話しています。