秋元議員「支援者ら事実と違う証言をしている」IR汚職裁判

秋元司衆議院議員が収賄と証人買収の罪に問われている裁判で、秋元議員は、証人買収に関わった支援者らが真実を証言していないとしたうえで、「私は事実を述べています」と主張しました。

IRを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司被告(49)は、中国企業から賄賂を受け取ったとして収賄の罪と、贈賄側にうその証言を依頼し現金を渡そうとしたとして、証人買収の罪に問われ、無罪を主張しています。

11日の被告人質問では、証人買収に関わった支援者らが現金を渡して交渉するよう、秋元議員から依頼されたなどと裁判で証言したことについて、秋元議員は「支援者らはうそをついているか、ところどころ記憶が混乱している。私への多少の恨みもあると思うし、早く事件を終わらせたいという強い思いがあり、真実を押し曲げて、事実と違う証言をしている」と述べました。

これに対し、検察官が「元顧問らや支援者が、真実を述べていないのか」とただすと、秋元議員は納得がいかない口ぶりで「はい」と述べたうえで、「私は事実を述べています」と主張しました。