G7サミット まもなく開幕 2年ぶりに対面での開催

G7サミット=主要7か国首脳会議が、まもなくイギリスで始まります。新型コロナウイルスの感染拡大以降、各国の首脳が初めて対面で意見を交わす場となり、ワクチンの供給での協力体制をはじめ、中国にどう向き合うかなどが議論される見通しです。

ことしのG7サミットは、イギリス南西部のコーンウォールでまもなく始まります。

イギリスには、2日前にアメリカのバイデン大統領が到着したほか、日本時間の11日午前、菅総理大臣が到着するなど、各国の首脳が相次いで現地入りしていて、このあとサミットの会場で議長国イギリスのジョンソン首相の出迎えを受けることになっています。

各国の首脳が直接、顔を合わせる形でG7サミットが開催されるのは2年ぶりで、新型コロナウイルスの感染拡大以降、初めてです。このため、13日まで開かれる今回のサミットでは、新型コロナウイルス対策が議論の柱となります。

イギリスは、サミット開幕を前に、感染拡大を来年中に収束させるため、G7として少なくとも10億回分のワクチンを提供できるようにすることで合意する見込みだと明らかにしました。

また、気候変動や世界経済といった課題が議論されるほか、こうしたテーマの中で、中国にどう向き合うかが話し合われる見通しで、G7としてどのような形で結束を示せるかが焦点になります。