九州新幹線西九州ルート 週明けにも与党方針取りまとめ

九州新幹線・西九州ルートのうち佐賀県内の未着工区間の問題を協議する与党の検討委員会が開かれ、佐賀県の費用負担を減らす措置や並行在来線の在り方をめぐって、週明けにも与党としての方針が取りまとめられることになりました。

九州新幹線・西九州ルートのうち、佐賀県の武雄温泉と長崎の区間は、来年の秋ごろに開業する一方、佐賀県内の新鳥栖と武雄温泉の区間は、線路と車両の方式や費用負担をめぐって国土交通省と佐賀県の協議が平行線をたどっています。

この問題を協議するため、与党の国会議員でつくる検討委員会の会合が11日、都内で開かれました。

検討委員会では、佐賀県の負担を減らすため、建設費の一部を国が肩代わりする交付税措置を拡充することや、新幹線の開通後も並行在来線の利便性が損なわれないようにJR九州が経営に関与することなどを求める方針です。

11日は、こうした内容を来週14日に予定されている与党のプロジェクトチームの会合で与党の方針として取りまとめることを確認したということです。

この問題で、国土交通省は佐賀県に対し、通常の新幹線と同じ「フル規格」で整備した場合の3つのルートの建設費や地元の経済効果の試算を示して協議を進展させたい考えです。