巨人に復帰 山口俊「チーム優勝に なんとか力になれるように」

大リーグ、ジャイアンツ傘下のマイナーリーグのチームを退団し、巨人に復帰した山口俊投手がオンラインで入団会見を行い「巨人に入った以上、優勝がチームの目標になる。なんとか力になれるようにやっていきたい」と意気込みを示しました。

33歳の山口投手は、巨人から大リーグのブルージェイズに2年契約で移籍しましたが、新型コロナウイルスの影響で60試合で行われた昨シーズン、2勝4敗、防御率8.06に終わり、ことし2月に戦力外となりました。

その後、ジャイアンツとマイナー契約を結びましたが、大リーグ昇格のきっかけをつかめずに退団し、10日に巨人と契約を結び、2年ぶりに復帰することになりました。

山口投手は11日にオンラインで会見を行い「2年前のポスティングの時にも快く送り出してくれたし、今回も連絡をくれた。今度は巨人に貢献したい」と入団を決めた理由などを述べました。

そして、大リーグでの1年半について「今シーズンは目標の大リーグ昇格がかなわなかったが、いい経験はできた。ほかの選手が聞いてくれることがあれば伝えられたら」と話しました。

そのうえで、今シーズンに向け「自分が入ったことによっていい流れ、いい雰囲気に持っていけたらいい。巨人に入った以上、優勝がチームの目標になる。なんとか力になれるようにやっていきたい」と意気込みを示しました。

山口投手は2年契約で、今シーズンは推定年俸3000万円に出来高払いで、背番号は「99」に決まりました。