サッカー U-24日本代表 メンバー選考前の最後の試合へ公式練習

東京オリンピック世代のサッカー日本代表は、メンバー選考に向けた最後の試合となる12日のジャマイカ戦を前に、愛知県豊田市で公式練習を行いました。

24歳以下の日本代表は12日、豊田スタジアムで年齢制限のないジャマイカ代表と強化試合を行います。

11日は会場で公式練習が行われ、いずれも豊田スタジアムを本拠地とするグランパス出身でキャプテンの吉田麻也選手や菅原由勢選手がリラックスした雰囲気でパスの練習などを行い、コンディションを整えていました。

12日の強化試合は東京オリンピックに臨むメンバー選考前に行われる最後の試合となっていて、選手たちは18人の枠に入るため、活躍を誓っていました。

菅原選手は「選考前の最後の試合を豊田スタジアムでできることは僕にとってはすごくチャンスだと思う。チームの勝利に貢献するために戦い、しっかり自分をアピールしたい」と話していました。

横内昭展監督は「このまま行けばオーバーエイジ枠の3人はメンバーに入ると思うが、それ以外の選手はあすの試合が終わってから改めて考えたい。選手たちはプレッシャーもある中、自分のよさをどれくらい発揮してくれるのか、楽しみにしている」と話していました。