誕生まもないオシドリのヒナ 親鳥と泳ぐ姿が人気に 札幌

札幌市内の公園では、先月生まれたばかりのオシドリのヒナと親鳥が一緒に泳ぐ姿が人気を集めています。

札幌市中央区にある中島公園には、毎年4月ごろから本州で越冬したオシドリが繁殖のために飛来します。

先月末ごろにオシドリのヒナが生まれ、公園にある池の周辺では小さなヒナ5羽が親鳥と一緒に池へ飛び込んだり、水辺の木陰で身を寄せ合っている姿が見られます。

公園を訪れていた女性は「親子連れのオシドリがみたかったので生まれたてのヒナは本当にかわいいと思いました」と話していました。

日本野鳥の会札幌支部によりますと、オシドリのヒナが独り立ちするまであと1か月ほどは親子で寄り添う姿がみられるのではないかということです。