米英首脳会談 民主主義の原則を守る「新大西洋憲章」発表

アメリカのバイデン大統領とイギリスのジョンソン首相が会談し「民主主義の原則を断固として守る」として、両国の目標をまとめた「新大西洋憲章」を発表し、中国やロシアへの対応を念頭に協力を確認しました。

アメリカのバイデン大統領とイギリスのジョンソン首相は10日、G7サミット=主要7か国首脳会議を前にイギリス南西部のコーンウォールで会談しました。

会談後、両政府は80年前、世界的な課題の解決に向けて両国が協力するための目標をまとめ、国連の創設などにつながった「大西洋憲章」をモデルにした「新大西洋憲章」を発表しました。

憲章では「民主主義の原則や価値観、仕組み、それに開かれた社会を断固として守る」とし、アメリカが中国に対して主張する航行の自由を守ることや、ロシアとの間で問題となっているサイバー攻撃への対処などで両国の協力を確認しています。

また、合わせて発表された共同声明では、安全保障や人権の擁護など幅広い分野での協力を確認し、新型コロナウイルスの発生源の調査で「中国を含めて透明性のある調査を支持する」としています。
会談後行った演説で、バイデン大統領は「特別な関係を確認し、両国が共有する民主主義の価値観を守る決意を新たにした」と強調しました。

バイデン大統領はG7サミットを前に中国やロシアへの対応を念頭に、緊密な同盟関係にあるイギリスとの協力を確認することで、民主主義国の結束を目指して指導力を示したいねらいもあるとみられます。