アメリカ 5月の消費者物価 12年9か月ぶりの高水準

アメリカの先月の消費者物価は、前の年の同じ月と比べた上昇幅が5%に達し、12年9か月ぶりの高い水準を記録しました。景気の急回復に伴ってインフレ圧力が一段と強まっています。

アメリカ労働省が10日発表した先月の消費者物価は、前の年の同じ月と比べて5%上昇し、2008年8月以来、12年9か月ぶりの高い水準となりました。

新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた前年からの反動もありますが、前の月と比べても0.6%伸び、市場の予想を上回りました。

項目別では前年比で家賃が2.1%、食品が2.2%、上昇したほか、航空運賃は24.1%、中古車は29.7%と、大きく上昇しています。

これはワクチン接種の広がりや政府の経済対策を背景にモノやサービスへの需要が急激に高まっているのに対して、人手不足などの影響で供給が追いついていないためで、インフレ圧力が一段と強まった形です。

金融市場では、FRB=連邦準備制度理事会が目安とする2%程度の物価上昇率を上回る状況が続けば、大規模な金融緩和策が転換を迎えるという見方があります。

FRBのパウエル議長は、これまで物価上昇は一時的な現象で政策転換は時期尚早だという認識を示していますが、今回の結果も踏まえて、来週の会合が注目されます。