北海道 北見 マスク着用せずに体育の授業を

10日は北海道北見市でも30度以上の真夏日になりました。

北見市は、子どもたちが熱中症になるリスクを防ぐため、学校の体育の授業をマスクを着用せずに行うよう指導しています。

学校の体育の授業でのマスクの着用をめぐっては、十分に呼吸ができなくなったり、熱中症になったりするリスクが指摘されています。

北見市の辻直孝市長は記者会見で「スポーツ庁からの通知で、体育の授業の際、運動時にはマスクの着用は必要ないとされており、市としてもマスクを着用せずに体育の授業を行うよう市内の小中学校に指導している」と述べました。

そのうえで「マスクをしない中での体育の授業なので、マスク以外の感染症対策の徹底が重要だ」と述べ、児童や生徒の間隔を十分あけるといった感染対策を徹底していく考えを示しました。