ロシア国境警備局に拿捕された漁船 稚内港に 14人無事に帰還

先月、北海道稚内市の沖合でロシアの国境警備局に拿捕(だほ)され、10日解放された底引き網漁船が、およそ2週間ぶりに稚内港に戻り、乗組員14人が無事に帰還しました。

北海道の稚内機船漁協所属の底引き網漁船「第百七十二榮寳丸」は、5月28日、稚内市の沖合で操業中にロシアの国境警備局に拿捕されました。

漁船はサハリンの港に連行されていましたが、10日解放され、11日の朝、およそ2週間ぶりに稚内港に戻りました。

このあと乗組員14人は、船内で検疫や新型コロナウイルスのPCR検査を受け、午前10時半すぎ、漁船で稚内港の別の岸壁に移動して荷物を下ろしていました。漁協によりますと、乗組員14人は全員、健康状態に問題はないということです。

ロシア側の発表によりますと、漁船はロシアの排他的経済水域で漁業規則に違反したなどとして、日本円にしておよそ900万円の罰金を科され、全額を納付したということです。

一方、今回の拿捕について、稚内機船漁協は「不当な連行だ」として、ロシア側を批判するコメントを出しています。

20代の乗組員は報道陣の問いかけに対し「拿捕されている間、風呂に入れなかったのがつらかった。早く家に帰りたい」と話していました。

漁協組合長「不当な連行 今後このようなことないように」

「第百七十二榮寳丸」が稚内港に戻ったあと、漁船が所属する、稚内機船漁協の風無成一組合長は記者団に対し「乗組員は全員、元気そうで安心した。ご苦労さまと言いたい」と述べました。

そのうえで「漁船は日本の排他的経済水域で操業していたにもかかわらず拿捕された。不当な連行で、今後このようなことがないよう求めたい」と述べ、ロシア側の対応を批判しました。

さらに、漁船がロシア側に罰金を払ったことについて「あくまでも乗組員の早期解放が最優先だった」と述べ、ロシア側が指摘する違法操業を否定しました。

稚内で出迎えた男性「帰ってきて本当に安心した」

「第百七十二榮寳丸」の乗組員に知り合いがいるという地元の男性は11日、稚内港に到着する漁船を出迎えました。

男性は「帰ってきて本当に安心しました。違法なことはしておらず、ロシア側の対応は間違いだと思っています。このおよそ2週間は本当に長く、知人には『お疲れさまでした』と声をかけたいです」と話していました。

加藤官房長官「事実関係の詳細を調査」

加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で「本日午前6時10分ごろ『第百七十二榮寳丸』の船体と乗組員全員が稚内に無事帰国したと確認しており、ひとまず安どしたところだ」と述べました。

またロシア側が、ロシアの排他的経済水域で漁業規則に違反したなどとして日本円にしておよそ900万円の罰金を科したと発表したことについて「ロシア側の主張についてコメントする立場にはないが、日本側としては関係者による説明や分析も踏まえ、当時、当該漁船は日本EEZ内で操業していたと認識している。外交ルートを通じて、ロシア側関係当局に対し、ロシア側による追跡や臨検、連行、留置は受け入れない旨抗議している」と述べました。

そのうえで「船が帰港したばかりであり、事実関係の詳細については、わが国関係当局が調査していくことになり、現時点で予断を与えるようなことを申し上げるのは控えたい」と述べました。